SUBCLi

コラム

ピコフラクショナル

マシン治療(美容皮膚)

毛穴や凹凸、ニキビ跡が気になる方、肌全体をトラブルのない肌にしたい方、小じわを改善したい方に、細胞を生まれ変わらせて、きめ細やかな肌に戻す施術です。

 

 

老け肌の原因はメラニンだけではない

キレイな肌、とはシミがないだけでは不十分です。ハリと弾力がないと、たるみに繋がり、毛穴が縦に広がって年齢を感じやすくなります。また、触れたときに滑らかでなくザラザラしていてもキレイな肌とは言えません。
肌のハリや弾力、滑らかさの回復といった肌質の改善には、コラーゲン・エラスチンがとても重要です。

 

 

ピコフラクショナルとは

 

レーザーを用いた、肌質の改善にはフラクショナルレーザーが最適です。皮膚の再生力によってコラーゲンを活性化させ、老化したお肌を入れ替えることによって、肌質の改善(小じわ・ニキビ跡・毛穴の開きなど)が期待できます。継続的に施術を受けることで、しわやたるみなどにも効果的です。

 

フラクショナルレーザーには従来は炭酸ガスレーザーがよく用いられてきました。しかし、炭酸ガスレーザーを使うと、肌の表面に細かい穴があくので、かさぶたによる肌のざらつき、強い赤みなどが起こりやすく、5〜7日程度のダウンタイムがありました。
また、施術することで発生した熱により強い炎症が起こるため、施術度しばらくしてから炎症性色素沈着を起こすことがありました。

 

一方、ピコレーザーによるフラクショナルレーザーは、肌表面を傷つけずに、コラーゲン増殖の活発とエラスチン再生を促すことができるので、ダウンタイムが半日から24時間程度と短く、これまでダウンタイムのために治療を受けられなかった方にもお勧めできます。
また、施術によって起きる熱ダメージが少なく、炎症後色素沈着が起きるリスクもかなり軽減されています。

 

 

当院のピコフラクショナル

ピコトーニングでも紹介したピコシュアという機械を使って、さらに美肌効果を高めた施術がピコフラクショナルです。
フォーカスレンズという特殊なレンズを装着することで、ピコトーニングよりもエネルギーが真皮まで強く届き、表皮の見える部分には傷をつけず真皮に近い位置に小さな空胞を形成させます。その結果、真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、しわやニキビ跡、毛穴の開きの改善につながります。

 

治療のペースは1ヶ月間隔です。次第にコラーゲンやエラスチンが増えてくるため、1回目の施術後でも、数週間してから肌の手触りの変化を感じる方が多く、さらに3回から5回ほど継続していくことで肌質の変化を実感していただけると思います。

 

また、治療後すぐにメイクをして頂けますし、カサブタなどが出来ることはなく、軽い赤みが24時間程度生じるのみで、日常生活にほとんど影響がありません。

 

肌のハリや弾力が気になる、ニキビ跡を改善したい、と思われる方はぜひ当院の医師にご相談ください。

 


 

施術概要

施術名:ピコフラクショナル
施術の説明:専用のハンドピースを装着して、ピコレーザーをフラクショナル状(小さな点状)に照射し、肌の再生を促す治療です。皮膚の自己再生機能により、真皮のコラーゲンやエラスチンが増生され、毛穴の引き締まりとハリの高まりを実感できます。繰り返しの照射でちりめんジワやニキビ跡の凹凸など難治性のダメージも改善させる効果があります。
施術の副作用 赤み、内出血、腫れ、熱傷(傷の肥厚・ケロイド形成)、水疱、色素沈着など。光アレルギー、てんかんの既往のある方、ヘルペスや皮膚炎、ひどいニキビのある方は施術を受けられません。
施術の価格:40,000円~50,000円(税込)

完全予約制
  • 運営クリニック
    &ABCクリニック
  • 診療時間
    10:00〜19:00
  • 休診日
    不定休
  • 住所
    〒650-0021
    神戸市中央区三宮町1-10-1
    神戸交通センタービル8F
  • TEL
    078-332-3800
  • アクセス
    詳しいアクセス方法はこちら